Long-term Vision And Medium-term Management Plan
長期ビジョン・中期経営計画

スマレジ10周年の経営計画

TO BE THE
NEW STANDARD

2021年はスマレジ10周年の節目。この10年でスマレジは、あらゆる業態の店舗に対応できる基本機能と、個性的な店舗運営を実現する圧倒的な拡張性を備えたサービスに成長しました。この素晴らしいサービスを、機能を、もっともっと多くの店舗に使ってほしい。

そして、日本の商店を力強くサポートし、日本の経済発展に寄与したい。

スマレジのこれからの10年は、
タブレットPOSの枠を超え、日本のPOSトップシェア獲得を狙います。

Long-term Vision
長期ビジョン

VISION2031

2021年現在、日本のPOS市場では、今なおハードウェアベンダーが大きなシェアを占めています。

ハードウェアからソフトウェアの時代へ変遷する中、スマレジが誕生したのが2011年。次の10年に向け、ソフトウェア・データベース企業である私たちスマレジが、クラウド・DX時代を牽引し、シェアを拡大し、国内トップを目指します。

誰もが手軽にデータ活用できる時代へ

POS市場で国内トップを目指す

KPI アクティブ店舗数30万店舗、国内市場シェア14%を目指す!

メインターゲットの中規模層を中心に、大規模層(従来POSからの入替需要)から小規模層(アプリマーケット利用による課金)までターゲットを拡げ、ピラミッドの中心からシェア拡大を目指します。

アクティブ店舗数:21年4月期の2.4万店舗から31年4月期までの10年で10倍、30万店舗を目指す 国内市場シェア:メインターゲットの中規模店舗を徐々に拡大し、国内市場全体(211万店舗)中、30万アクティブテンポ(国内市場全体の14%)を狙う

Medium-term Management Plan
中期経営計画 2022年4月期 - 2024年4月期

ARR 倍増計画 2021/6/11 UPDATE

  • 継続的な高成長サイクルを実現させるため、来期から3年間は減益を覚悟し、事業投資を強化
  • 積極的な広告宣伝活動を中心とした事業投資により、アクティブ店舗数の増加と顧客単価の向上を目指す
ARR推移計画:21年4月期の20.7億から23年4月期までに50.0億に倍増させる

アクティブ30万店 長期目標への第1ステップ 本中期経営計画で
ARR50億円の突破を目指す!

  • 広告宣伝費を投下し、アクティブ店舗数を増加
  • アプリマーケットの活性化による顧客単価向上
  • ペイメントサービスの見直しによる決済収益を強化
  • スマレジ・タイムカードの強化(機能強化)

Information Session For Long-term Vision And Medium-term Management Plan
長期ビジョン・中期経営計画の説明会

説明会動画 2021/3/12

※ご使用の機器やネットワーク環境によっては、ご視聴いただけない場合がございます。また、当ウェブサイトやライブ中継をご視聴いただくための通信料につきましては、各個人のご負担となります。

説明動画の目次

最初から再生
  • はじめに 1:24
  • 長期ビジョン - VISION2031 1:85
  • 中期経営計画 - ARR倍増計画 0:28
  • 中期経営計画 - 4つの具体的施策 6:06
  • Q&A 6:76

Q&A 2021/3/12

これまでのスタンスを一変させ、積極的な広告宣伝活動を中心とした事業投資を行うとした背景を教えてください。

2019年2月のIPOからちょうど2年経ちますが、その時に15~20億円程度のキャッシュを調達しております。1年目は軽減税率、消費増税があり、広告宣伝でコストをかけなくても、問合せが殺到するという特需がありました。2年目に入りTVCMを試すなどして広告宣伝費をかけていこうとした矢先に緊急事態宣言、そのままコロナ禍に突入し結果的にこの1年はコロナの動向を見守るという形になりました。その結果、調達資金をほぼ消化せず2年が経過しております。上場3年目で、コロナ禍の影響も徐々に軽減しておりますので、このタイミングでアクセルを踏む判断に至りました。
元々は経営指標として、営業利益率を20%はキープしていこうと上場前から掲げておりましたが、その方針をかえ、今後も売上高成長率を高く目指していくことを軸足としつつ、SaaSビジネスとしてARR(お客様の数)を増やすことに重きを置くことを決めました。そのため営業利益率20%キープは目指さず、減益を覚悟でチャレンジするという計画になっております。

なぜこのタイミングで中期経営計画を発表することになったのでしょうか。

現場ではすでに第4四半期の後半に差し掛かっておりますので、おおよそ結果が見えてきている状態です。役員、従業員は来年度に向けての動きを活発化していかなければいけないタイミングにあります。社内外に向けて新しい計画を今この時期に発表することで、来年度以降の取り組みをいち早くスタートできるようにという想いで第3四半期での発表をおこないました。

多くの企業で“エンジニア不足”が常態化していて、優秀な人材の確保が難しい状況かと思いますが、どのように差別化して採用を優位に進めていくのでしょうか。

世の中的にITエンジニアの需要が増え、採用が難しい状況にあるのは確かです。ネガティブになるのではなく、当社が率先して人材不足解消のために「ITエンジニアになりたい」という人を増やすところから始めていくべきだと考えました。
去年からは日本ソフトウェアコンピューター協会に加入し、U-22プログラミングコンテストの実行委員やスポンサー協力を開始しました。また学生向けのプログラミング教室、NPO法人へのスポンサー活動、エンジニア交流イベントの企画にも関わっております。
多数の優秀なエンジニアを輩出するために、ソフトウェアの仕事が面白いんだという文化作りからはじめます。当社だけでなく、業界全体が活性化するような仕掛けを率先して社内外に発信していくという決意を持って取り組んで参ります。

このページの先頭へ