Smaregi People
お客様の笑顔のために、自信と熱意をもって提案できるサービス。

梶本 裕介
営業本部 西日本営業部 部長代理 梶本 裕介YUSUKE KAJIMOTO
奥田 悠介
営業本部 西日本営業部 サービス営業チーム 奥田 悠介YUSUKE OKUDA
田中 克秀
営業本部 西日本営業部 サービス営業チーム 田中 克秀KATSUHIDE TANAKA
柳瀬 淳一
営業本部 西日本営業部 サービス営業チーム 柳瀬 淳一JUNICHI YANASE

サービス営業チームの仕事内容を教えてください。

梶本 裕介

大きく分けると2つあります。ひとつは営業活動、もうひとつは納品業務になります。営業活動は主にショールームに来ていただいたお客様への対応と電話やメールなどからの問い合わせ対応、販売パートナーさんへの営業活動なども行っています。

営業活動を行って受注したお客様の店舗に機器を納品して、使い方などの説明を行うのが納品業務です。ただ単に営業活動をして受注したら終わりではなくて、営業から納品までが一貫して行われているのが、当社の営業の特徴です。

お客様との対話で心がけているところはありますか?

奥田 悠介

「専門用語を使わないこと」と「お客様からどれだけ情報を引き出せるか」です。

難しい言葉を使ってしまうとイメージが湧きづらいので、平易な言葉でイメージが湧きやすくするところであったり、お客様自身が自分から悩みを全部言うことはなかなか無いので、僕たちから問いかけることでお客様の深層に眠っている悩みなどを上手く引き出す、というところを意識しています。

梶本 裕介

働いていて他社と違う、スマレジならではの良いなと思うことはありますか?

田中 克秀

常に進化していくサービスを取り扱っていることですね。それ故にゴールがないので、常に自分の脳もアップデートしなければなりません。それが大変な反面、飽きることがない、というところが営業していて楽しいです。

あと、レジの導入にあたっては、会社の代表の方や役職のある方に向けてスマレジのプレゼンをすることが多いので、営業の一環なんですが貴重な体験をさせてもらっているなと感じています。

お客様にデモを行う時に自社サービスで使いにくいと感じる点があった場合、どのように対処していますか?

梶本 裕介

言葉に出していただける時もあれば、表情から感じ取る時もあります。それは裏を返せば、良くしてほしいと期待されているということだと思うので、僕らはお客様からいただいた機能・要望を開発チームにフィードバックして、さらにシステムが良くなるようにアップデートしてもらう要望を出しています。

そのために定期的に営業部内で会議を行ったり、要望を管理して開発チームに伝えられるような仕組みを社内で作ったりしています。お客様の声を活かしてサービスの質を高められるように努力しています。

奥田 悠介

営業チームの皆さんのパワーやモチベーションの源は何ですか?

柳瀬 淳一

僕は学生の頃にラグビーをやっていたので、体育会系でもともとテンションが高いタイプです。このテンションを活かして「スマレジはすごく良い機能がたくさん備わった良いサービスですよ!」と伝えたいと心がけています。その思いが伝わって、お客様に喜んでもらえたときのお客様の笑顔、それが僕のモチベーションになってます。

皆さんの今後の野望を教えてください。

奥田 悠介

関西にある商業施設のお店を、全部スマレジにしたいなという野望がありますね。

田中 克秀

導入店舗をたくさん増やして、iPadのレジを見た時に誰もがスマレジだと思ってもらえるようなレベルまで持っていきたいです。

柳瀬 淳一

今一番の楽しみは何でしょうか?

田中 克秀

最近、本社が本町駅近くに移転して、色々と環境が変わりました。他部署との距離感も近くなったので社員同士のコミュニケーションも活発になりましたし、ショールームも新しくなったので、毎日わくわくしています。

奥田 悠介

プライベートな話になりますが、趣味で自転車に乗っていて、自転車のレースに出場しています。去年も出場したんですが今年も出ようと思ってるので、去年のタイムよりも速く走りたい!というところですね。ちょっと練習もしているので、それが楽しみです。

サービスの良さを伝えるためにしている、自分なりの工夫はありますか?

梶本 裕介

僕は以前もPOSレジのサービスの営業をしてたので、多少なりとも自社サービス以外のPOSの知見も持っています。そういったものを交えながらお客様とお話をすることで、良い事も悪い事もダイレクトに伝えることができます。あと僕は、スマレジというサービスが心の底から大好きなので、その熱意も伝わっているんじゃないかなと思っています。

奥田 悠介

営業マンって、普通はサービスについてたくさん話してお客様に伝えるというイメージがあると思うんですが、僕は少しセーブして話すことを意識しています。

そうすることで、お客様に「これってできるんですか?」という疑問を持ってもらって、それに対して「できますよ」と答える。そういうやりとりによって、お客様に「スマレジなら何でもできる」というイメージを持っていただけると考えて、あえてそういうやりとりをするように意識しています。でも、あまりにそのやりとりが続くと、お客様から「ドヤ顔になってますよ」ってつっこまれたりします(笑)

田中 克秀
営業本部スタッフ

社員同士の情報共有が大事な部署だと思いますが、営業チーム内でコミュニケーションを図るために、行っていることはありますか?

奥田 悠介

先ほど話したように趣味で自転車に乗っているんですが、大阪オフィスのスタッフや営業チームのメンバー、あと社長とも一緒にレースに出て琵琶湖を周ったり富士山を周ったりしています。仕事以外のところで交流を図ったりもしていますね。

柳瀬 淳一

飲みに行くことはよくあります。営業だけじゃなくて営業以外の部署に声をかけたりとかもしますね。

スマレジの営業チームで働く魅力は何ですか?

梶本 裕介

同じチームのメンバーの笑顔も見れますし、お客様の笑顔も見れて、最高にやりがいのある仕事だと思っています。

柳瀬 淳一

本当に自分たちが良いと思うサービスを提供しているので、お客様に自然と熱意が伝わること。あとは、ITと言えるのでかっこいい(笑)

奥田 悠介

様々なサービス業のプロフェッショナルに出会うことによって、自分もそれを吸収してプロフェッショナルになれることですね。

田中 克秀

会社自体がすごいスピード感を持って成長しているので、それについていくために色々な経験ができます。仕事を通して日常に感動が加わったり、自分自身も成長できるところが魅力だと思います。

年度
このページの先頭へ