「スマレジ・ベンチャーズ」第3弾が決定 セントラルキッチンアプリ「シコメル」を提供する 「シコメルフードテック」と資本業務提携

〜飲食・食品業界のDXを推進し、顧客の体験価値向上を目指す〜

iPadなどのタブレットを利用したクラウドPOSレジ『スマレジ』を展開する株式会社スマレジ(本社:大阪市中央区、代表取締役:山本 博士、以下「当社」)は、当社が運営する「スマレジ・ベンチャーズ」を通じて、「シコメル」を軸に、飲食店の経営効率を支援する株式会社シコメルフードテック(本社:大阪市平野区、代表取締役:西原直良)に対して出資を行い、資本業務提携を開始しました。

■背景
シコメルフードテックの提供するセントラルキッチンアプリ「シコメル」は、お店で提供するメニューの「仕込み済商品」を発注できるレストラン向けのアプリです。アプリを使って毎日の仕込みの発注を簡単に行うことができます。お店から事前にレシピをいただき、店舗専用メニューとしてアプリに登録。お店はスマートフォンアプリで仕込みをしたいメニューを注文して後は到着を待つだけ。仕込み・発注業務を大幅に効率化します。
この度の提携により、お互いのデータを共有することで「スマレジ」に登録のある飲食店舗へ「シコメル」のアプリを提供することが可能になり、アプリを利用するユーザーは仕込みの時間や人件費のコストダウンが期待できます。

当社ではこれからのニューノーマルにおけるマーケットの変化に合わせて店舗運営のDX化を加速させることで、広く店舗の課題解決や生産性向上に寄与できると判断し、この度出資を決定いたしました。
今後は「スマレジ・アップテンポプログラム」支援先としてメンタリングや積極的な代理販売などを行い、事業の成長に伴走していくとともに、スマレジユーザーにとって魅力あるソリューション提供に努めてまいります。

■「スマレジ・ベンチャーズ」概要
https://corp.smaregi.jp/service/ventures.php
店舗向けソリューション事業等を展開する企業を対象に投資相談や投資を行うCVC部門。
2021年1月にサービスを開始し、同年2月には第1弾、また5月には第2弾の出資を実施いたしました。
『スマレジ・アップテンポプログラム』では、出資先企業を対象に育成支援や情報共有をはじめとするメンタリングを提供し、スマレジとの事業展開やSaaSセールスチームによる代理販売などのサポートを行います。

■株式会社シコメルフードテックについて
会社名  : 株式会社シコメルフードテック
代表   : 代表取締役 西原 直良
設立   : 2019年12月
本社所在地: 大阪市平野区長吉川辺二丁目8番25号
URL    : https://shikomel.com

■株式会社スマレジについて
会社名  : 株式会社スマレジ
代表   : 代表取締役 山本 博士
設立   : 2005年5月24日
資本金  : 1,143百万円(2021年6月30日時点)
本社所在地: 大阪府大阪市中央区本町4-2-12 3F
URL   : https://corp.smaregi.jp/

<クラウドPOSレジ『スマレジ』について>
スマレジはiPadやiPhoneを用いた低価格かつ高機能なPOSレジです。データはクラウド上で一元管理。時間と場所を選ばないリアルタイムな売上分析を実現しました。小売やアパレル、飲食店など多くの業態に応える機能を有し、小規模店舗から大規模チェーン店舗までご利用いただけます。2021年9月現在、スマレジの登録店舗数は102,000店舗となりました。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社スマレジ PR担当宛
Mail: press[アットマーク]smaregi.jp

                

 
このページの先頭へ