スマレジ アプリコンテスト 賞金1,000万円の大賞含む、8作品の受賞者が決定!

iPadなどのタブレットを利用したクラウドPOSレジ『スマレジ』を展開する株式会社スマレジ(本社:大阪市中央区、代表取締役:山本博士、以下「当社」)は、スマレジと連携して利用する店舗向けアプリ開発コンテスト「スマレジ アプリコンテスト」を昨年12月より開催。2021年3月末日の締め切りを以って、大賞含む8作品の受賞者が決定しましたのでお知らせいたします。


https://developers.smaregi.jp/app-contest/result.php

《受賞作品》
■大賞 賞金:1,000万円
クリーニング店舗に特化したアプリ「Cleeean」
アプリ作品部門 大幸パートナーズ株式会社さま


審査員 株式会社tsumug ソフトウェアエンジニア 池澤 あやか氏のコメント
「小規模事業者が多いクリーニング業界に特化している点がまずよいですね。また、スマレジ側でさまざまな業種に対応するのは難しいと思うので、こうしたアプリケーションが出てくるとAPIを提供する価値がすごくあると感じました。アプリケーションもUIがシンプルでわかりやすいですね。」

審査員 クラスメソッド株式会社 代表取締役社長 横田 聡氏のコメント
「業界特有の習慣や課題を解決する応用アプリケーションは、スマレジをプラットフォームとして利用する良い例だと思う。クリーニング店で使われているPOSやプリンターは特殊なものが多く、何十年も同じものをつかっている印象がある。
この課題を解決できることで新たなサービスが生まれる予感がした。」

審査員 当社代表取締役 山本 博士のコメント
「システムの完成度が非常に高かった点を評価させて頂きました。スマレジをベースに特定業界へ深堀りするアプローチ手法(本件ではクリーニング店に特化)は、スマレジ・アプリマーケット活用方法の王道であり、今後もこのようなアプリが登場することを楽しみにしています。」

■POS優秀賞 賞金:100万円
バーコードを手軽に作成・印刷できるアプリ「バーコード生成アプリ」
アプリ作品部門 株式会社エーエヌラボさま


審査員 当社副社長 湊 隆太朗のコメント
「店舗にすでにあるレシートプリンターでバーコード印刷できる手軽さとスマレジの商品情報が連携されているので、初期設定などがなく自由にデザイン~印刷まで行える使いやすさを評価し選出させていただきました。」

■Waiter優秀賞 賞金:100万円
店舗のLINE公式アカウントで「テイクアウト」・「デリバリー」の注文や席予約が可能になるアプリ「Lテイクアウト&オーダー【LINEでモバイルオーダー】」
アプリ作成部門 合同会社Oblivionさま


審査員 株式会社tsumug ソフトウェアエンジニア 池澤 あやか氏のコメント
「日本人が好きなアプリケーションであるLINEと連携していて、注文できるだけではなく、来店予約やクーポン発行で顧客を呼び戻すことができる導線がある点もよいと思います。」

審査員 株式会社ヌーラボ 代表取締役 橋本 正徳氏のコメント
「通常のお店の体験から、新しい感覚の買い物体験ができ、ぜひ実際に使ってみたいアプリです。」

■TIMECARD優秀賞 賞金:100万円
給与の計算を自動化、ワンクリックで給与を振り込めるアプリ「ぜんぎんコネクト」
アプリ作品部門 千菱さま


審査員 株式会社tsumug ソフトウェアエンジニア 池澤 あやか氏のコメント
「小規模事業者にとって、給与の振り込みほど面倒臭くかつシビアなものはないと思います。システム化することで、作業時間の圧縮、ミスの削減、出入金管理にも使え、とても助かるサービスだと思います。」

審査員 クラスメソッド株式会社 代表取締役社長 横田 聡氏のコメント
「個人店舗では給与振込を手作業で行っていることも多いはず。シフトから稼働実績を出して、そこから給与振り込みまで一括できれば、店長やオーナーの負担が減るはず。今後は電子マネー等へのチャージも進むはず。スタッフ向けとしては、前払いやローン返済、少額投資、電子マネーへの変換など、Fintechに繋がる要素も出てくると思われる。」

■アイデア賞 賞金:100万円
飲食店の回転率を上げ、売上向上に貢献できるクーポン「KAITENクーポン」
アイデア部門 個人からの提案


審査員 株式会社tsumug ソフトウェアエンジニア 池澤 あやか氏のコメント
「回転率をあげるための方法が、事業者と顧客双方の利益につながって良さそうです。リピート施策にもなりそうですね。」

■スポンサー賞
•大阪王将賞:選べる餃子ギフト(3000円相当)×10セット&餃子無料券300枚
食べ残しの内容を収集できるアプリのアイデア「食べ残し分析アプリ」
アイデア部門 個人からの提案


大阪王将さまからのコメント
「現代社会においての食品ロスやゴミ問題に直結してくるテーマにとてもシンプルですが感銘を受けました。残した理由がなんなのかは判断が厳しいですがさらなる拡張も期待して選ばせていただきました。」

•タビオ賞:通販サイト、店舗で利用できる2万円相当の商品ポイント
ポイント会員管理が簡単にできるアプリ「LINE連携 会員カード」
アプリ作成部門 北海道デジタル・アンド・コンサルティング株式会社さま


タビオさまからのコメント
「導入のしやすさから選びました。スマレジユーザーが、手軽にデジタル会員システムを導入できる点、またLINEは日本での利用ユーザー数が多いため、会員になっていただく際のハードルが低い点を評価しました。」

•yogibo賞:Yogibo Max(アクアブルー)3個
売上データを日報としてLINEに通知することができるアプリ「Vessel」
アプリ作成部門 DHH, LLC.さま


yogiboさまからのコメント
「LINE(LINEWORKS)を社内ツールとして使用しているということと、日常的なアプリで毎日の売上が自動的に日報として上がってくるので店舗だけでなく、経理会計とも連動しやすい。
このアプリはとてもシンプルな仕組みではありますが、業種を問わず様々な小売業・飲食業でも活用できる点において、シンプルながらもコアアイデアがしっかりできているということで選定させて頂きました。」

■審査員
•株式会社tsumug ソフトウェアエンジニア 池澤 あやか氏
1991年 東京都出身。第6回東宝シンデレラオーディション審査員特別賞受賞。情報番組をはじめとするTV番組への出演やメディア媒体への寄稿を行う一方、フリーランスのソフトウェアアエンジニアとしてアプリケーションの開発に携わる。

•株式会社ヌーラボ 代表取締役 橋本 正徳氏
1976年福岡県生まれ。飲食業、劇団主催などを経てプログラマーに。2004年ヌーラボ設立。Backlogなどチームのコラボレーションを促進するWebサービスを運営。福岡本社含め国内外6拠点にて世界展開。

•クラスメソッド株式会社 代表取締役社長 横田 聡氏
クラウド技術を中心とした技術支援実績は2,000社以上。モバイルアプリやLINEサービス開発においても、スターバックス、東急、パルなど多数の実績を持ち、現在はモバイルオーダー用アプリ作成ツール「CX ORDER」の提供も開始している。

•そのほか、当社取締役 6名

アプリコンテストの詳細はこちら
https://developers.smaregi.jp/app-contest/

スマレジはこれからも、お客様にご満足いただけるよう、時代の変化とともに進化してゆく所存です。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
このページの先頭へ