作業コストを98%軽減!スマレジ・タイムカードが「クラウド給与計算ソフト freee」と連携

スマレジタイムカード freee連携イメージ

 

タブレットPOSレジ「スマレジ」を中心とした店舗向けソリューションを展開する株式会社プラグラム(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:山本 博士 以下プラグラム)は、同社が運営するクラウド勤怠管理アプリ「スマレジ・タイムカード」と、freee株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木 大輔 以下freee)提供の「クラウド給与計算ソフト freee」が連携を開始したことをお知らせいたします。

「スマレジ・タイムカード」と「クラウド給与計算ソフト freee」の連携開始日:2015年10月6日(火)

勤怠データが簡単に取り込める

本連携により、スマレジ・タイムカードをご利用のお客様は、勤怠データを「クラウド給与計算ソフト freee」形式として出力することで、簡単に「クラウド給与計算ソフト freee」に勤怠データを取り込むことが可能になりました。勤怠情報を給与計算ソフトに手入力する煩わしい作業を省略することができ、また入力ミスも防ぐことができるため、給与計算事務にかかる時間を大幅に削減できます。

「スマレジ・タイムカード」と「クラウド給与計算ソフト freee」は、お互いが備えている給与計算機能について、一部競合する部分がありますが、現時点において両社がシームレスに連携するほうが利用者にとってメリットが大きいと判断し、今回の連携に至りました。

簡単な設定ですぐにご利用開始

スマレジ・タイムカードの設定方法
- 設定画面で、「給与計算freee連携」項目の”連携する”にチェックを入れる
- 連携するスタッフ情報に、社員番号(クラウド給与計算ソフト freee で使っている社員番号)を入力する
- クラウド給与計算ソフト freee用のCSVファイルをダウンロードする

クラウド給与計算ソフト freee
- 勤怠画面で、ダウンロードしたCSVファイルを選択し、アップロードする

※ スマレジ・タイムカードと、クラウド給与計算ソフト freeeの締日を同じにしておく必要があります。
※ freee連携機能は、スマレジ・タイムカードのプレミアム版(有料)のみでご利用いただける機能です。

作業コストを98%軽減

例えば、社員数25名の会社で、経理担当者が1ヶ月分の勤怠データ(総勤怠時間:5,093時間45分)を給与計算ソフトに手入力した場合、おおよそ2時間55分かかります。
スマレジ・タイムカードの勤怠データをfreeeに取り込んだ場合、3分で完了しますので、98.29%も作業コストを軽減することができます。

スマレジタイムカード freee連携短縮時間

社員数:25名
総勤怠時間:5,093時間45分(203時間45分/1人)
対象期間:1ヶ月分
手入力するのにかかった時間:2時間55分

 

クラウド給与計算ソフト freee

freee logo

「クラウド給与計算ソフト freee」は1クリックで給与額・税金・保険料の計算・給与明細の発行などを行うことができる、中小企業のためのクラウド型の給与計算ソフトです。従業員と共に利用することで、日々の給与計算業務から年末調整・年度更新などをオンライン上で簡単に終わらせられ、経営者や経理担当者は複雑かつ面倒な給与事務にかかる手間を大幅に削減できます。

http://www.freee.co.jp/payroll

 

スマレジ・タイムカード

freee logo

スマレジ・タイムカードは、シフト作成や給与計算機能搭載の本格的な勤怠管理システムです。
他店舗との連携も可能で、複数店舗をまたいだシフトを作成することができますので、単店舗でのご利用から、フランチャイズなどの複数店舗でのご利用まで幅広く対応しています。
また、出勤・退勤・休憩入り・休憩からの復帰、すべての写真を記録することができる時点撮影モードを実装しており、簡易本人確認をとることで、タイムカードの不正を手軽に防ぐことができます。

https://timecard.smaregi.jp/

 

■本件に関するお問い合わせ

株式会社プラグラム
大阪府大阪市中央区平野町4-6-4 メディアバードビルディング 5F
TEL: 06-6227-1800
Web: https://smaregi.jp/request/
担当:望月(広報)

このページの先頭へ