前田 利一

エンジニア5年目前田 利一

第一にお客さんの事を考えて、お客さんが今一番困ってる事を優先的に作業する
好きなこと
日本百名城巡り
好きな食べ物
はまち、からあげ
  • 9:00

    今日はいつもより早く出社

    今日はいつもより早く出社

    フレックスタイム制なので、朝は8時~10時に出社すれば大丈夫

  • 10:30

    午前中のうちに開発スタッフとMTG

    午前中のうちに開発スタッフとMTG

    開発スタッフと定期的にミーティングを行います。現状受け持っているタスクの報告や、進捗の共有を主に話し合います。

  • 14:00

    午後からはプログラミング作業

    午後からはプログラミング作業

    午後からは主にスマレジの管理画面の開発を進めていきます。

  • 18:00

    今日は早めに退社

    今日は早めに退社

    今日は早く帰ってお家でゆっくりしよう。

プロジェクトの進捗や予定を共有

開発チームは、毎週月曜日に各プロジェクトの進捗や、1週間の予定を全員で共有しています。プロジェクトの進捗や、予定を共有することで、「誰が今何を」行っているのか、「どこでどのような問題が起きているのか」をチームで共有できるので、円滑・迅速に業務を進めることができます。

プロジェクトの進捗や予定を共有

実際に使用しているツールや開発環境は?

他の開発スタッフ達と連携をとり、チームとして、複数同時に業務を進めることが多いので、プログラムの変更内容が他のメンバーと衝突したりしても整合性を維持・共有できるように、GITという管理システムを使って開発しています。個人的には、主にWebアプリケーションを開発しているので、開発言語は主にPHPですが、iOSアプリやAndroidアプリの開発をする際には、Objective-CやJavaも使用します。開発環境は基本的に、Eclipseを使っています。(決まりはないので何を使ってもいい環境です)

実際に使用しているツールや開発環境は?

インタビュー

前田 利一:なぜプラグラムに?
今日はよろしくお願いします。
お願いします。
まず最初の質問ですが、エンジニアになったきっかけや時期を教えてください。
もともとプログラムを作るという仕事に憧れてたっていうのがあるんですね。友達のお兄さんがプログラマーやってて、
作ったものというのは、動いてるものを?
そうですね。ゲームを作ってた人だったんで、それを見てやりたいなというのが一番最初です。
何歳ぐらいの時ですか?
小学校ぐらいの時です。マリオブラザーズを真似て作ったマリオブラザーズ風のゲームだったんですが、それを見て、それからです。
それからプログラマーを目指したんですか?
そこからやりたいなあ、ぐらいの感覚ですね。別にパソコン持ってるわけでもなく、既に高校生ぐらいの時には反抗期に入ってましたんで(笑)
それはマリオブラザーズどころじゃないですね。
ではない。その影響で、勉強もろくにせずに、大学へも行けずに、どうしようかと迷って専門学校に行きました。コンピューター関係の仕事に就きたいな、というところで、コンピューター関係の専門学校に入学したんですよね。入学したのはいいんですけど、勉強も就活もしてませんでしたので就職もできず、フリーターみたいな感じの20代を送っていました。ただ、コンピューター関係の仕事がしたいという気持ちがあったんで、コンピューターを使ってそうな所に行って仕事をしてたんです。
前田 利一:今はどんな仕事をしてますか?
コンピューターを使ってそうな所というのは?
パソコン使ってる。フォトショップ使ってる。というような所で仕事してたりとか、あと運用管理なんですけど、パソコンをずっと運用してるような所で仕事をしたり。で、ちょうどその時に独学でプログラミングの勉強をし始めて。
それは何歳ぐらいの時ですか?
25才ぐらいです。で、独学で勉強して試験とかも受けて、合格もして、とあるシステム開発会社に入れたんですよ。入ったのが、29才くらいだったと思います。
そこから本格的にエンジニアとしての仕事が始まるわけですね。
そこから、どこで当社を知るきっかけがあったのですか?
結局、そこで山本さん(現 代表取締役社長 山本 博士)と知り合って、その会社に5年ぐらいいたんですけど、その後、その会社を辞めてフリーランスのエンジニアになりました。山本さんは、gd(旧社名 株式会社ジェネフィックス・デザイン)に参加して、なんか色々やってるというのを聞いていました。僕もフリーランスを2〜3年ぐらい経験した後に、その会社の話を聞いてて、僕も行きたいなと。漠然としてますけど(笑)その時、持っていた印象というのが、ベースがデザイン会社で、FlashやFlexをやっていて、ユーザーインターフェース周りが、すごく強いなあと。当時、僕もデザインは全くできないながらも、ユーザーが触るところを勉強したくて、そういう会社に行きたいよっというところで、山本さんの所に無理やり押しかけたんです。入れてくれと(笑)
ずいぶん強引ですね。で、結果はどうだったんですか?
ちょうどタイミングがあったんでしょうね。入れてくれました(笑)そんな感じでしたね。
これから当社でどんなことをしたいですか?開発をしていて、この先どういう事をしていきたいですか?目標とかあれば教えてください。
今あるシステムをより完璧に仕上げていくというのが第一目標なんです。で、今現在手作業でやってる事をほとんど自動化していくと。仕事の効率を上げるための新しい技術などを学んでいきたいと思っています。
入社を検討している人に対して、何かメッセージをお願いします。
開発は、面白い仕事。新しいことにもチャレンジできますし、やりたいことを率先してやっていこうという社風なので、自分が思ったことをやれる環境があります。僕はプログラミングが好きなので、一緒にプログラムを楽しく作ってくれる方、分からない事があれば、共に教え合える人が来てくれると嬉しいです。一緒に働いてくれる方、お待ちしております。
ありがとうございました。
ありがとうございました。